姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸不動産を購入するために金融機関と住宅ローンを組むとき、金融機関は対象となる不動産に抵当権を設定する

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸不動産を購入するとき住宅ローンを組む

ほとんど多くの方がマイホームを購入するときに金融機関と住宅ローンを組むことになりますが、やがて諸事情により住まいを買い替えたいとき、住宅ローンが残っていても今の住まいを売ることができるかと誰もが疑問に思うでしょう。そして、賃貸不動産を購入するために金融機関と住宅ローンを組むときは、金融機関は対象となる不動産に抵当権を設定して抵当権は万一ローン返済ができない時の担保で返済が滞った時は、この不動産を競売にかけることで、融資した金額を回収しようとするものになっています。

そして、抵当権がついたままでもその住まいを売却することはできますが、ローンの返済が滞ると誰が所有していようとその住まいは競売にかけられ、そのため抵当権付の住まい購入をしようとする方はあまりいません。そして、一般的に売却するために設定された抵当権を抹消する必要があり、この抵当権抹消の条件になるのがローンの管財で、結局ローンを完済しないと売れないのかと思われるでしょうが、そこで、実際の取引では売却代金を受け取ったと同時に金融機関がローン残高を引き落としてもらうことで抵当権を抹消することになります。そして、必ずしもローン残高より高く売れるとは限りません。

関連リンク