姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸探しの下見では壁から音がもれないかどうかや防音対策がされているかどうかをよく確認しましょう。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸探しで大切な下見ポイント

賃貸の物件探しで利用する物件情報には決して記載されないことがあります。それは音のことです。部屋にいて聞こえる音がどうなっているかということは、物件情報を見ただけでは決して分かりません。ここでなぜ音のことを問題にしているかというと、マンションやアパートのような集合住宅では音に関するトラブルがとても多いからです。最初はちょっと気になる程度の音、例えば話し声やドアの開閉音などがありますが、これらが毎日聞こえてくるとだんだん気になり出してきて、しまいには我慢できなくなることもあります。これは隣に住む住人にとっても言えることで、あなたの出す音でストレスを感じることだってあり得るのです。

毎日ストレスなく暮らせる部屋であることはとても大事なことだと分かってもらえるでしょう。そのためには部屋を決める前にかならず下見をし、音の伝わり具合や聞こえ方を確かめておく必要があります。下見の時に付き添ってくれる不動産屋の担当者に建物の壁がどうなっているかを聞いて見るようにしましょう。防音対策が取られている物件であればいいですが、そうでないなら音のトラブルも考えなければなりません。部屋では壁を叩いて確認してみるという方法もあります。叩いてみて音が響くようなら壁の内部がスカスカで音が漏れやすい可能性があります。両隣に部屋がある時は両方の壁をチェックするようにします。

関連リンク