姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸に入るときは初期費用が必要になります。敷金や礼金以外に前家賃や仲介料、損害保険料を支払います。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸に入居するときの初期費用の目安

賃貸に入居するときの初期費用の目安はどれぐらいになるでしょうか。敷金や礼金のほかに支払わなければならないお金があります。仲介手数料と前家賃です。仲介料は不動産屋に支払うものです。この金額は不動産屋によって違います。最大で家賃の1.08倍以内と法律で決められています。前家賃は入居する前の家賃のことです。例えば4月に入居するのなら、3月分の家賃を払います。仲介料と前家賃を含めると、実際に支払うお金は家賃の6ヶ月分程度になります。例えば、月の家賃が7万円のところだったら、42万円の初期費用が必要になるわけです。他にも引っ越しの費用や損害保険料があります。引っ越しの料金は荷物の数や距離によって違いますが、ワンルームの場合では5万円から10万円です。損害保険料は1万円から2万円です。

上記の説明から分かるように賃貸に入るときは、まとまった初期費用が必要になるので十分なお金を用意しなければなりません。それが難しい場合には別の方法を取りましょう。1つの方法としては、敷金や礼金がゼロの物件を探すものです。都市部ではこういった物件が増えています。もう一つの方法は家賃ができるだけ安い物件を探すものです。建物の新しさにこだわらなけば、家賃の安い物件は見つけやすいです。