姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸不動産を譲渡したときの譲渡し所得税は、土地の所有期間により、長期譲渡所得や短期譲渡所得に分けられている

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸不動産を譲渡したとき

賃貸不動産を譲渡したときの譲渡所得税や住民税は譲渡するタイミングでその土地や建物の所有期間によって5年以上なら長期譲渡所得、5年以下なら短期譲渡所得に分けられて、税率も大きく異なります。そして長期譲渡所得である方が税率も低くなりますが、5年以上と言った所有期間の計算が独特ですから、注意しましょう。そして譲渡所得の計算のための不動産の所有期間は不動産の購入日から譲渡した日までの期間ではなく、譲渡した年の1月1日までです。

そして、いよいよ消費税の段階的な増税が始まりますが、こうした増税が不動産の売却にとってどういった影響を及ぼすでしょうか。実は個人間売買なら売り買いする土地建物への消費税は非課税で、そのため消費税増税もほとんど影響がないです。ですが、不動産会社に仲介を依頼するとき仲介手数料には消費税が課税されますから、注意しましょう。そして、新築住宅の時は売主が法人になるため消費税が課税されて、さらに住宅ローン手数料にも課税されますから、買い替えを計画している方は、そのことも踏まえ売却、購入を計画する必要があります。そして、実は不動産譲渡における所得税や住民税はシンプルに計算できるものではなく、物件の種類や面積や築年数なども影響してきます。