姉が住んでいた賃貸に驚き

築年数が経過した賃貸物件であっても、リフォーム済みの物件を選ぶことで綺麗な内装の部屋に住むことが出来ます。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

築年数が経過した賃貸物件の家賃設定

賃貸物件の家賃は立地条件や物件の状態によって大きく変動します。オートロックなどの便利な設備がどれだけ付いているかによっても変動しますが、大きく変動するのは駅からの所要時間と築年数が関係します。築年数が経過した物件の中でも家賃が高い物件や低い物件が存在しますが、それらの物件はなぜそういった変動をしているのでしょうか。

築年数が経過した物件は物件としての価値が大きく下がりますが、内装をリフォームしていれば話しは別です。もちろん築年数が浅い物件には大きく劣りますが、築30年の物件でもリフォームしているかどうかで価値が大きく変わります。家賃を出来るだけ抑えたいが、築年数が経過して劣化が進んでいる物件には住みたくないと考える人は多いです。そんな時には築年数が経過していてもリフォーム済みの物件を選ぶことで、築年数と比べて劣化が少ない物件に住むことが出来ます。リフォームが施されている物件は、そうでない物件に比べると家賃は1万円程度高くなっています。しかし、内装を見ると3万円程度高い物件と同等であることが多いので、家賃を節約するのであればリフォーム済みの物件を選ぶことが大切です。築年数が経過している物件は耐震工事の有無も調べておくことが大切です。