姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸住宅に住んでいる時には部屋を大切にして住む事が大切です。出る時に修復する義務があるので気をつけましょう。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

賃貸でもお部屋は大切にしましょう

住んでいるお部屋ではなるべく快適に過ごしたいって思うものです。絵を飾ったり小物を飾ったりしたくなりますね。でも賃貸住宅に住んでいる時には気をつけなくてはいけません。絵をかけるために壁にフックをつけて、それが取れなくなった時には賃貸を出る時に修復するためのお金を払わなくてはいけなくなるんです。ついつい壁に物を取り付けたり、取っ手など取り替えたら素敵って思って替えてしまうことがありますが、出るときにはちゃんと元通りにできるような材料を選んで使わないと駄目なんです。取り除く時のこともちゃんと考えておかないといけないんですね。

あとお掃除も常識程度にはしておきましょう。賃貸だから汚してもいいやって思ってトイレや洗面所のお掃除をちゃんとしておかないと、とても頑固な汚れがこびりついたり、カビが生えてしまうことがあります。こういったものは借りた人の責任になるんです。住むところって大切だから、賃貸と言えども大切に扱ってあげることが必要なんですね。

でも長く住んでいると畳も古くなっちゃうし、床も黒ずんでくるっていうのはありますね。そういう自然に劣化してくる事に関しては借りた人に責任はないんです。大切に使っていても起こることですから。そういうものに関しては大家さんが責任を持つことになっているので、修復する必要はないんですよ。