姉が住んでいた賃貸に驚き

今の生活を作っているのはおなじみの賃貸物件であり、新しい生活リズムの始まりと広がりを見せている。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

姉が住んでいた賃貸に驚き
姉が住んでいた賃貸に驚き

広がりを見せるおなじみの賃貸物件

時代が変化する時、生活様式やリズムも確実に変化してきました。大家族制が当たり前だった時代は、平屋のものすごく広い一戸建てが生活の主流でしたが、いまや個別に住居を構える時代になり、マイホーム主義が一段落して、アパートなどを借りるようになったわけです。今の生活を作っているのはおなじみの賃貸物件であり、それはマンションなど見慣れたもので、大変役に立っています。

年齢、性別によって暮らしのリズムは違います。現在、賃貸を中心とした生活のリズムは広がりを見せており、新しい暮らしの始まりを予感させるものです。私たちにとって、一番効率的かつ有効なのが、物件を借りて生活するスタイルだとしたら、アパートなどを借りるのは理にかなっています。家賃と環境のバランスさえよければ、言うことはありません。

住まいを借りる以上は長くいい環境を保ちたいと思うのが人間です。私も自分が借りたアパートは、少なくとも5年は住み続ける気概を持っています。それは、一つところに長く住んだほうが、手間がいろいろと省けるからに他なりません。生活の基盤を作り、暮らしの経験を積んでいくことで、人間的な成長もみこめるでしょう。将来家族を持つ時、この経験は大いに役立つのです。